農薬乾燥による流動乾燥排ガスの粉末回収

現在のお悩み

・処理風量450m3/minを実現できる集塵装置を設置したいが、屋内には限られたスペースしかない

導入条件

・寒冷地につき屋外設置は不可
・高温に耐えられるフィルター
・初期費用を抑えたい

アコーの提案

・円筒ろ布の4倍のろ過面積を持つ「プリーツバグフィルター」を屋内に設置
・設置スペースに合せた装置の小型化
・耐熱150℃のPPS素材のフィルター

導入成果
屋内に設置ができた
フィルター交換は3年に1度、ランニングコストを抑えられた